100均のセリアでメイソンジャー風ドリンクボトルをDIYの巻

[blockquote]メイソンジャーとは、、、
アメリカで100年以上もの歴史を持つ、缶の製造会社、Ball Corporation が1858年に考案した保存用の容器。
1900年代に入り、シーガラスや色つきのデザインも登場。
ガラスのビンの模様は、メーカーの「Ball」のロゴや、「 花模様 」「cc」など、容量を測るのに便利なスケールも付き、レトロで愛着の湧くデザインが特徴。[/blockquote]

最近Instagram等でよく見かける60sアメリカンなレトロデザインのドリンクボトル「メイソンジャー」が気になる。
なんてことはないただの保存容器なのだが、使い方はアイデア次第、蓋に穴を開けストローを通しドリンクボトルにしたり、ランプにしたり、好きな野菜にドレッシングを入れシェイクして盛り付けたりそのまま保存したり。

ネットで調べると瓶のくせに1個¥1,500と結構なお値段。
そのまま購入すればいいのだが、それだと芸がないので100均でDIYできないかと探索の旅に。

まずむかったのはダイソー、瓶の保存容器はあるのだが蓋がプラスチックの蛍光色で気にいらないのでメイクマンへ。

セリア
メイクマンの中にある100均のSeriaにてメイソンジャー風の瓶を発見!早速ストローと蓋に穴を開ける用のキリと合わせて購入。

名称未設定-1
タイトルに100均で!と書かれていますが100均以外に、開けた蓋の穴にゴムのカバーをする為、電気配線用のブッシュゴム(GB-16H)で応用、こちらもメイクマンで購入。

R0590017
いざDIY
seriaで購入した瓶の保存容器とキリ、ストロー、プッシュゴム、プラスドライバーを用意

R0590018
まずキリで蓋の真ん中に穴を入れる。

R0590019
続いて、プラスドライバーでさらに大きくプッシュゴムがいい感じハマるくらいの大きさまで穴を広げる。

R0590021
わずか2分の作業で完成。

R0590023

R0590024

15224464156_371ca022a0_o

作業してみると意外と簡単、わずか5分の作業で出来上がり。
どっから見たってメイソンジャー、3つのドリンクボトルを¥600で作れ大満足。

今回の意外な収穫、メイクマンにある100均のseria(セリア)が素晴らしすぎ。
100円ショップにありがちな安価な粗悪品のイメージの払拭を図っているそうで、お洒落な小物もあり次回から重宝しそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です